ケアプラン

ケアプラン

居宅介護支援事業とは?

在宅サービスを利用者・介護者が適切に利用できるよう、要介護者等の身体的、精神的ならびに環境的な要素を考慮に入れた上で、在宅サービスの種類や内容、担当者などを定める居宅サービス計画を作成します。そして、その計画に基づく在宅サービスの提供が確保されるよう事業者との連絡調整および、要介護者が介護保険施設に入所する場合の施設紹介、情報提供などのサービスを行う事業です。

介護支援専門員(ケアマネージャー)とは?

介護を必要とされる方への「介護サービス計画(ケアプラン)」を作成する専門家のことです。介護支援専門員となるには、介護支援専門員実務研修受講試験に合格した後、実務研修の修了が必要となります。ケアプランは「介護支援専門員(ケアマネジャー)」のいる「介護支援事業者」に依頼し、作成します。ケアプランは要介護認定ないしは要支援認定を受けた方が実際に介護サービスを受けるために必要になります。

ケアマネージャーの主な業務

  • 要介護者の課題分析(アセスメント)と必要なサービスの把握
  • ケアプラン(介護サービス計画)の作成
  • 介護サービス担当者会議の運営(サービス提供方針の検討)
  • ケアプランに応じたサービス提供の調整
  • ケアプランの継続的な管理と再評価
  • 介護支援サービスの記録(情報の管理と共有)
  • 地方公共団体(市区町村)の委託による訪問調査の実施

ケアプランの作成を依頼したら

ケアマネジャーがケアプランの作成を依頼されると、まず要介護者の課題を分析します(アセスメント)。その結果に基づいてケアプランを作成し、介護サービスを調整、そのサービスが適切かつ継続的に運用されているかを管理していくことになります。

私たちがお手伝いします

ケアマネジャー:斉数眞理、河合 節
相談員:能登昭子、本田えい子、佐藤亜美、佐々木 聡

PAGE TOP