リハビリコラム

肩関節周囲炎

肩関節周囲炎とは・・・

50歳代を中心に多発し、肩関節に痛みと運動制限をもたらす疾患の総称です。日本では五十肩と同義語的に解釈されています。

原因

図1:肩関節周囲炎の主な炎症部位

発症のプロセスはいまだ明らかではありませんが、肩周囲の筋肉や腱、靭帯、関節包、滑液包などの組織が加齢などにより炎症を生じることが要因と考えられています(図1)。

症状

主症状は、肩周囲の痛みと動きの低下です。特に結髪・結滞・更衣などの日常生活動作が障害されます。夜間痛(就寝時の痛み)も特徴です。
肩関節周囲炎の病期は、炎症期・拘縮期・回復期に分類され、症状もそれぞれの時期で異なります(図2)。

炎症期 (痛みがとても強い時期)

明らかなきっかけなく、急速に強い痛みが生じます。多くの場合、安静時痛・夜間痛を伴います。

拘縮期 (肩まわりの動きが硬くなる時期)

強い痛みがやわらいだのち、肩の動き悪くなる「拘縮」へと移行する時期です。肩を動かした時に痛みを感じたり、動きの悪さから日常生活動作に不自由を感じることが多くみられます。

回復期 (症状が回復してくる時期)

運動時の痛みや運動制限が次第に改善する時期です。積極的なリハビリを行うことで、肩の動きの回復が早くなります。

図2:肩関節周囲炎の病期と症状

診断・治療

画像診断:X線画像、関節造影検査、MRIなど
治療:保存療法(服薬、関節内注射、リハビリテーション)、関節鏡視下手術など

リハビリテーション

療法士による状態チェック

患者様の状態に合わせたリハビリを行うため、療法士が患者様の姿勢や関節の動き、筋力などをチェッし、痛みに関連すると思われる問題点を探ります。

姿勢の観察
動きのチェック
筋力チェック

病期に合わせたプログラムの実施

得られた情報をもとに病期に合った個別のリハビリプログラムを実施します。

炎症期

痛みに配慮しながら肩周囲の筋肉や関節包の硬さを防いでいきます。療法士の管理のもと、物理療法や肩甲骨の動きを広げる運動、ストレッチなどを徐々に行っていきます。また、療法士・トレーナーが自宅で行える運動を指導します。

拘縮期

積極的な運動療法により、肩関節の動きを広げていきます。療法士・トレーナーの指導のもと、個人のお仕事やスポーツ特性を踏まえた動作練習やトレーニングを行います。

回復期

積極的な運動療法により、肩関節の動きの拡大を目指します。療法士・トレーナーの指導のもと、肩周囲の筋力強化や腕を挙げるための土台となる肩甲骨を安定させるトレーニングなどを進めていきます。また、目標とするお仕事やスポーツへなどの活動復帰に向けて、それぞれの特性を踏まえた動作訓練を行います。

症状には個人差があります。いずれの時期も、必ず療法士やトレーナーによる指導のもとにリハビリを行うことが大切です。

患者様からよくあるQ&A

四十肩・五十肩は放っておけばいつか治るって本当ですか?
中にはそのような方もいらっしゃるかもしれませんが、必ず治るとは限りません。自己判断での放置・または不適切な運動により、症状が悪化したり回復が長引いてしまうケースがあります。出来るだけ早期に受診し、適切な治療を受けることが大切です。
肩が痛くても、沢山動かした方が早く治りますか?
必ずそうとは言えません。安静にしていてもズキズキうずくような痛みがある安静時痛や、就寝時に痛みで起きてしまうような夜間痛などが生じる炎症期では、沢山動かすと痛みが強くなってしまいます。
炎症期でなくても不適切な運動により悪化する可能性もあるので、動かした方がよい時期か医師や療法士の意見を聞くことが重要となります。
四十肩・五十肩はどれくらいの期間で治りますか?
患者様の状態には個人差がありますが、約半年~1年かかると言われています。症状を長引かせないためには、早期から1人1人の状態に合った治療やリハビリプログラムを行うことが大切です。
四十肩・五十肩になってしまった後、テニスや野球などのスポーツに復帰することはできますか?
多くの場合できます。ただし、肩の動きや筋力など、各スポーツに必要な機能を獲得してからスポーツを再開することが大事です。
スポーツ復帰を目指すリハビリでは、肩の機能を獲得したのちスポーツに合わせた動作訓練なども行っていきます。
船橋整形外科市川クリニック
Tel:047-329-4192

〒272-0033 千葉県市川市市川南1丁目8-6

船橋整形外科グループ

  • 船橋整形外科
  • 船橋整形外科西船クリニック
  • フェルマータ船橋
  • かじかわ内科
  • 船橋総合治療院
  • 船橋中央眼科
PAGE TOP