人工関節センター

ドクタープロフィール

老沼 和弘

人工関節センター長

専門分野

専門は股関節外科。特に、人工股関節においては、筋組織を切離せずに行う前方進入法(Direct Anterior Approach)を全症例に採用し、早期リハビリ早期退院早期社会復帰を可能にしている。病院全体の人工股関節の症例数は年間1000例ほどである。

経歴

  • 平成2年:千葉大学卒業、同大学整形外科入局
  • 平成3年4月~平成8年3月:千葉大学整形外科関連病院で研修
  • 平成8年~平成11年:千葉大学整形外科で股関節外科を研究
  • 平成12年:学位取得
  • 平成16年4月:船橋整形外科勤務
  • 平成18年9月:船橋整形外科人工関節センター長就任現在に至る。

平成16年より、国内で初めて人工股関節手術に前方進入法を採用し、これまでの症例数は4000例を超える(2015年12月現在)。

取得専門医・認定

日本整形外科学会認定専門医、日本整形外科学会認定リウマチ医、日本医師会認定産業医、医学博士

所属学会

日本整形外科学会、日本人工関節学会、日本股関節学会、日仏整形外科学会、日本リハビリテーション医学会など

学会評議員

日本人工関節学会、日本自己血輸血学会

人工股関節班での主な論文

  1. Osteonecrosis in patients with systemic lupus erythematosus develops very early after starting high dose corticosteroid treatment.Oinuma K, Harada Y, Nawata Y, Takabayashi K, Abe I, Kamikawa, K, Moriya H. Ann Rheum Dis. 2001 Dec;60(12):1145-8.
  2. Sustained hemostatic abnormality in patients with steroid-induced osteonecrosis in the early period after high-dose corticosteroid therapy.Oinuma K, Harada Y, Nawata Y, Takabayashi K, Abe I, Kamikawa K, Moriya H. J Orthop Sci. 2000;5(4):374-9.
  3. Total Hip Arthroplasty by a Minimally Invasive Direct Anterior Approach. Kazuhiro Oinuma, Christoph Eingartner, Yasufumi Saito, Hideaki Shiratsuchi, Operative Orthopädie und Traumatologie 2007(3), 310-326,.
  4. Total Hip Arthroplasty with Subtrochanteric Shortening Osteotomy for Crowe Grade 4 Dysplasia Using the Direct Anterior Approach.Oinuma K, Tamaki T, Miura Y, Kaneyama R, Shiratsuchi H. J Arthroplasty. 2014(29), 626-629
  5. An anatomic study of the impressions on the greater trochanter: bony geometry indicates the alignment of the short external rotator muscles.Tamaki T, Nimura A, Oinuma K, Shiratsuchi H, Iida S, Akita K. J Arthroplasty. 2014 Dec;29(12):2473-7.
  6. Hip dysfunction-related urinary incontinence: a prospective analysis of 189 female patients undergoing total hip arthroplasty.Tamaki T, Oinuma K, Shiratsuchi H, Akita K, Iida S. Int J Urol. 2014 Jul;21(7):729-31.
  7. Total Hip Arthroplasty after Previous Acetabular Osteotomy: Comparison of Three Types of Acetabular Osteotomy.Tamaki T, Oinuma K, Miura Y, Shiratsuchi H. J Arthroplasty. 2016 Jan;31(1):172-5.
  8. Total hip arthroplasty through a direct anterior approach for fused hips.Tamaki T, Oinuma K, Miura Y, Shiratsuchi H. Hip Int. 2015 Nov 25;25(6):549-52.
  9. Comparison of patient satisfaction after unilateral or simultaneous bilateral total hip arthroplasty through a direct anterior approach: Evaluation using the Japanese Orthopaedic Association Hip Disease Evaluation Questionnaire.Yoshii H, Oinuma K, Tamaki T, Miura Y, Kaneyama R, Shiratsuchi H. J Orthop Sci. 2016 Feb 24.

金山 竜沢

人工関節センター膝部長

専門分野

専門分野は、人工膝関節、人工股関節、リウマチ。
変形性膝関節症や関節リウマチ・骨壊死など膝の変形・疾患に伴う痛みのため歩行が困難になるなど手術が必要となる患者さんの数は非常に多い。
このような患者さんに対して膝の変形・症状に応じて本人・ご家族とも相談の上、人工膝関節置換術を行っている。変形の強い膝に対しては膝関節全置換術、変形は一部だが痛みの強い膝に対しては小さな傷、少量の出血で手術可能な膝関節片側置換術などを使い分けている。いずれの手術においても膝関節のバランスを重視する術式を取り入れており、内容については学会・シンポジウムなどで数多くの発表活動を行っている。

経歴

  • 昭和63年:千葉大学医学部卒業。同大学整形外科入局。関連各施設にて研修
  • 平成6年4月:千葉大学にて人工膝関節、リウマチ学について研究。
  • 平成8年~9年:アメリカ留学(フロリダ州、Good Samaritan Medical Center)し、人工膝関節術後の透視下動態解析について研究。
  • 平成10年4月:君津中央病院(整形外科部長)勤務
  • 平成20年4月:船橋整形外科病院人工関節センター人工膝関節部長として就任。

手術は下肢の人工関節、特に人工膝関節を一番の専門としています。

取得専門医・認定

日本整形外科学会(専門医)、日本リウマチ学会(専門医)、日本人工関節学会、日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会、日本関節病学会、日本股関節学会、Orthopedic Research Society(アメリカ)ほか。

論文

  1. Criteria for preserving posterior cruciate ligament depending on intra-operative gap measurement in total knee replacement.Bone Joint Res 2014;3:95-100.
  2. 大腿骨後顆プレカットトライアルによる靭帯バランスの獲得法.整形・災害外科2013;56(9):1065-1073.
  3. 人工膝関節置換術におけるコンポーネントギャップの調整:平均値データによる調整法の検討.日本人工関節学会誌第43巻、 p485-486, 2013
  4. 人工膝関節置換術 術前・術後ケアのDo & Do Not.整形外科看護2012年春季増刊、メディカ出版、p140-169, 2012
  5. 『大腿骨後顆プレカットトライアル』による大腿骨最終骨切り前コンポーネントギャップ計測の有用性.日本人工関節学会誌第42巻、 p155-156, 2012
  6. Fluoroscopic analysis of knee kinematics after total knee arthroplasty in osteoarthritis and rheumatoid arthritis.千葉医学78 : 193~201, 2002

白土 英明

船橋整形外科病院 副院長

取得専門医・認定医・専門分野

白土 英明

昭和54年卒業、股関節外科・膝関節外科
日本整形外科学会専門医・指導医

三浦 陽子

船橋整形外科病院 人工関節センター 医長

取得専門医・認定医・専門分野

三浦 陽子

平成10年卒業、股関節外科・膝関節外科
日本整形外科学会専門医・指導医

東 秀隆

船橋整形外科病院 感染対策室長

取得専門医・認定医・専門分野

東 秀隆

平成6年卒業、膝関節外科
日本整形外科学会専門医、日本整形外科学会認定リウマチ医

上西 蔵人

取得専門医・認定医・専門分野

上西 蔵人

平成15年卒業、股関節外科、膝関節外科
日本整形外科学会専門医

田巻 達也

取得専門医・認定医・専門分野

田巻 達也

平成16年卒業、股関節外科、膝関節外科
日本整形外科学会専門医

二宮 太志

取得専門医・認定医・専門分野

二宮 太志

平成19年卒業、股関節外科、膝関節外科
日本整形外科学会専門医

関口 博丈

取得専門医・認定医・専門分野

関口 博丈

平成21年卒業、股関節外科、膝関節外科
日本整形外科学会専門医

宗像 良和

取得専門医・認定医・専門分野

宗像 良和

平成22年卒業、股関節外科、膝関節外科

PAGE TOP