当院について

活動報告

平成18年 医師学会活動

2月 第36回日本人工関節学会
「前方進入法による人工股関節置換術」(老沼医師)
3月 AAOS 73rd Annual Meeting in Chicago, IL, USA
「Repair Integrity and Functional Outcome after Arthroscopic Double-row Rotator Cuff Repair: A Prospective Outcome Study」(菅谷医師)
5月 アジア太平洋整形外科学会 第5回HIPセクション会議 (HIP-APOA06)
「MINIMALLY INVASIVE TOTAL HIP ARTHROPLASTY THROUGH DIRECT ANTERIOR APPROACH.」(老沼医師)
6月 Minimally Invasive Solution Update Seminar 2006
「Total Hp arthroplasty through Direct anterior approach」(老沼医師)
第44回日本リハビリテーション医学会 学術集会
「腰痛に対する外来管理下腰痛体操 HOME EXERCISEの効果」(道永医師)
第32回日本関節鏡学会(JOSKAS 2006)
  1. 「all inside法による解剖学的外側半月板縫合術」(土屋医師)
  2. 「反復性肩関節前方不安定症術後再発例に対する鏡視下手術」(菅谷医師)
  3. 「大腿骨滑車部の軟骨損傷」(蟹沢医師)
  4. 「ACL再建術後の腫脹に対する膝圧迫サポーターの効果」(山浦医師)
9月 第33回日本肩関節学会
  1. 「腱板修復術の適応と限界-残存腱板の筋萎縮から見た検討-」(シンポジウム)(菅谷医師)
  2. 「肩甲下筋腱断裂の病態と鏡視下修復術」(菅谷医師)
  3. 「棘上筋の主たる停止部は大結節最前方と小結節である」(前田医師)
  4. 「肩甲下筋腱が上腕二頭筋を安定させる」(新井医師)
第13回日本脊椎脊髄神経手術手技学会
「経皮的椎弓根スクリュー挿入システムを使用した低侵襲PLIFの経験」(真田医師)
10月 The 1st Direct Anterior Approach Forum
「Direct Anterior Approachの手技と適応」(老沼医師)
12月 第12回日本最小侵襲整形外科学会
X-tubeを用いた腰椎椎体間固定術(真田医師)
PAGE TOP