当院について

活動報告

老沼医師

# Journal Year Vol/Num Page Author Authors Title
13 臨床整形外科 2008 43巻1号 41-43 老沼和弘 白土英明、斉藤康文 前方進入法による人工股関節置換術施行例の術前術後の外転筋力の定量的評価
12 Oper Orthop Traumatol 2007 No3 310-326 Kazuhiro Oinuma Christoph Eingartner, Yasufumi Saito, Hideaki Shiratsuchi Total hip arthroplasty by a minimally invasive direct anterior approach.
11 日本人工関節学会誌 2006 第36巻 70-71 老沼和弘 白土英明、斉藤康文、道永幸治 前方進入法による人工股関節置換術
10 Monthly Book Orthopaedics 2006 19(7) 1-6 老沼和弘 白土英明、斉藤康文 Direct anterior approachによる人工股関節置換術
9 - - - - - - -
8 日本人工関節学会誌 2005 第35巻 45-46 老沼和弘 白土英明、斉藤康文、道永幸治 当院における前方進入法による人工股関節置換術
7 東日本整災会誌 2003 15巻 283-286 老沼和弘 徳永誠、米田みのり、鈴木千穂、山口智志、大井利夫. Oblong Cupによる人工股関節カップ再置換術の検討
6 Annals of the rheumatic diseases. 2001 Dec;60(12) 1145-8 Oinuma K Harada Y, Nawata Y, Takabayashi K, Abe I, Kamikawa K, Moriya H. Osteonecrosis in patients with systemic lupus erythematosus develops very early after starting high dose corticosteroid treatment.
5 Journal of Orthopaedic Science 2000 5(4) 374-9 Oinuma K Harada Y, Nawata Y, Takabayashi K, Abe I, Kamikawa K, Moriya H Sustained hemostatic abnormality in patients with steroid-induced osteonecrosis in the early period after high-dose corticosteroid therapy.
4 リウマチ科 1999 (0915-227X)22巻2号 196-200 老沼和弘 原田義忠, 阿部功, 神川康也, 赤松利信, 守屋秀繁, 縄田泰史, 高林克日己 ステロイド性骨壊死の発生機序(解説/症例報告)
3 Hip Joint 1998 (0389-3634)24巻 300-302 老沼和弘 原田義忠, 阿部功, 神川康也 膠原病患者における骨壊死発生の危険因子の検討 ステロイド大量療法開始早期の線溶系の異常(原著論文)
2 関東整形災害外科学会雑誌 1993 (0389-7087)24巻2号 191-194 老沼和弘 広瀬彰, 鎌田栄 保存療法にて軽快した頸髄髄内出血の1例(原著論文/症例報告)
1 関東整形災害外科学会雑誌 1992 (0389-7087)23巻1号 76-79 老沼和弘 村上正純, 高橋和久, 他 腰椎椎間板ヘルニアと梨状筋症候群によるdouble lesion neuropathyの1例(原著論文/症例報告
PAGE TOP