当院について

活動報告

菅谷医師

論文

# Journal Year Vol/Num Page Author Authors Title
100 日整会誌 2007 81 1051-1060 菅谷啓之 - 肩関節鏡視下手術の現状と未来
99 Monthly Book Orthopaedics 2007 20(12) 7-14 菅谷啓之 - 肩関節の視診・触診ー肩スポーツ障害の診察法
98 整形外科 2007 58 1433-1437 中根康博 菅谷啓之,
前田和彦,
森石丈二,
高 在完,
古山和恵
ビーチチェアポジションにおける肩関節鏡視下手術の安全性
97 肩関節 2007 31 485-488 藤田耕司 西須孝,
菅谷啓之,
森石丈二
外傷性肩関節前方不安定症の病態ー関節包断裂とHAGL病変ー
96 肩関節 2007 31 461-464 望月智之 宗田大,
菅谷啓之,
前田和彦,
秋田恵一,
松木圭介,
中川照彦
腱板の層構造は棘上筋の付着形態が影響を及ぼすー烏口上腕靭帯から見た検討ー
95 肩関節 2007 31 217-219 吉村英哉 望月智之,
宗田大,
菅谷啓之,
前田和彦,
秋田恵一,
松木圭介,
中川照彦
小胸筋の停止についての解剖学的研究
94 肩関節 2007 31 213-215 松木圭介 菅谷啓之,前田和彦,森石丈二,望月智之,秋田恵一 棘下筋こそが腱板断裂において最も重要な断裂腱である
93 肩関節 2007 31 209-211 前田和彦 菅谷啓之,新井隆三,森石丈二,望月智之,吉村英哉,松木圭介,秋田恵一 棘上筋停止部に関する解剖学的検討
92 肩関節 2007 31 205-207 新井隆三 菅谷啓之,前田和彦,森石丈二,望月智之,松木圭介,秋田恵一 肩甲下筋腱停止部の上腕二頭筋長頭腱安定化機構
91 整形外科最小侵襲手術ジャーナル 2007 44 59-66 前田和彦 菅谷啓之 肩甲下筋腱断裂に対する鏡視下手術
90 整形外科最小侵襲手術ジャーナル 2007 44 1 菅谷啓之 - 特集:腱板損傷の最小侵襲手術 Editorial 編集企画に当たって
89 整形外科 2007 58(8),7月増刊号 991-998 菅谷啓之 - 種目別に見たスポーツ障害 III.バレーボール 3.肩関節障害
88 Monthly Book Orthopaedics 2007 20(7) 52-58 菅谷啓之 - 投球障害肩に対する腱板断裂手術
87 臨床スポーツ医学 2007 24(6) 643-652 菅谷啓之 - トップレベルの野球選手における肩関節の外傷・障害
86 J Bone Joint Surg (Am) 2007 89 953-960 Sugaya H Maeda?K, Matsuki?K, Moriishi?J Repair Integrity and Functional Outcome After Arthroscopic Double-Row Rotator Cuff Repair. A Prospective Outcome Study
85 整形・災害外科 2007 50巻 4月臨時増刊号 487-495 菅谷啓之 - 肩関節鏡視下手術ー反復性脱臼と腱板断裂を中心にー
84 関節外科 2007 26(5) 479-491 菅谷啓之 - Net Surgery 5 肩関節鏡視下腱板修復術
83 Monthly Book Medical Rehabilitation 2006 73 17-23 高村 隆 鈴木智,
石垣直輝,
菅谷啓之
非外傷性肩関節不安定症に対するリハビリテーション
82 臨床スポーツ医学 2006 23巻 臨時増刊号 193-199 菅谷啓之 - 鏡視下手術の実際≪肩関節≫3.腱板断裂修復術
81 月刊トレーニング・ジャーナル 2006 325(11) 12-15 菅谷啓之 - 特集肩関節 1.肩関節のみでなく,全身をみる-内部構造が破綻する前に,機能訓練を
80 整形外科最小侵襲手術ジャーナル 2006 40 7-11 菅谷啓之 - 骨性バンカート損傷を伴った初回・反復性肩関節前方不安定症に対する鏡視下手術
79 関節外科 2006 25(10) 1055 菅谷啓之 - 書評 Burkhart's View of the Shoulder: A Cowboy's Guide to Advanced Shoulder Arthroscopy
78 骨・関節・靭帯 2006 19(9) 847-856 菅谷啓之 - 肩スポーツ障害に対する機能診断と鏡視下手術-投球障害を中心に-
77 J Bone Joint Surg (Am) 2006 88A Suppl 1 159-69 Sugaya H Moriishi J, Kanisawa I, Tsuchiya A. Arthroscopic osseous bankart repair for chronic recurrent traumatic anterior glenohumeral instability. Surgical technique.
76 肩関節 2006 30(3) 489-493 菅谷啓之 前田和彦,加藤敦夫,森石丈二 重層固定法による鏡視下腱板修復術の成績-術後腱板修復状態と術後2年の臨床成績-
75 整形外科 2006 57,7月増刊号 884-889 菅谷啓之 - 腱板断裂に対する鏡視下手術
74 CLINICIAN 2006 vol.53 (549) 83-88 菅谷啓之 - 腱板断裂に対する鏡視下腱板修復術
73 関節外科 2006 25(6) 587-593 菅谷啓之 - 関節鏡視下手術:押さえておくべきポイントとコツ⑱ 腱板関節面断裂に対する鏡視下修復術(trans-tendon法)
72 関節外科 2006 25(4) 447-451 菅谷啓之 - 画像診断ワークショップーPitfall Q&AとNormal Variant
71 Monthly Book Orthopaedics 2006 19(2) 73-81 前田和彦 菅谷啓之 肘関節鏡視下手術の基本
70 日整会誌 2006 80 203-208 菅谷啓之 前田和彦,森石丈二 重層固定法による鏡視下腱板修復術の術後Cuff Integrityと臨床成績
69 整形外科 2006 57(3) 323-332 菅谷啓之 - 肩関節機能のみかたと鏡視下手術の実際
68 月刊トレーニング・ジャーナル 2006 317(3) 48-49 菅谷啓之 - 肩関節脱臼(反復性脱臼)
67 臨床スポーツ医学 2006 23(2) 121-127 高村 隆 菅谷啓之 肩関節不安定症における術後筋力トレーニング
66 月刊トレーニング・ジャーナル 2006 316(2) 80-81 菅谷啓之 - 肩関節脱臼(初回脱臼)
65 Monthly Book Orthopaedics 2005 18(13) 49-58 菅谷啓之 - 腱板断裂に対する関節鏡視下手術とその適応
64 Arthroscopy 2005 21(11) 1307-1316 Sugaya?H Maeda?K, Matsuki?K, Moriishi?J Functional and Structural Outcome After Arthroscopic Full-Thickness Rotator Cuff Repair: Single-Row Versus Dual-Row Fixation
63 リウマチ科 2005 34 (4) 385-392 菅谷啓之 - 肩関節における鏡視下手術
62 新OS Now 2005 28 15-19 菅谷啓之 - 肩関節不安定症におけるportal placement
61 臨床スポーツ医学 2005 22(11) 1391-1398 菅谷啓之 - 外傷性肩関節不安定症に対する手術治療
60 関節外科 2005 24,10月増刊号 48-55 菅谷啓之 - 反復性肩関節脱臼・亜脱臼に対する鏡視下手術
59 肩関節 2005 29(3) 743-746 望月智之 菅谷啓之,前田和彦,森石丈二,土屋明弘,宗田 大 肩関節術後の外旋制限に対して鏡視下癒着剥離術が有効であった2例
58 肩関節 2005 29(3) 603-606 松木圭介 村田 亮,
落合信靖,
荻野修平,
菅谷啓之,
森石丈二
腱板完全断裂におけるdelaminationの頻度と特徴
57 肩関節 2005 29(3) 511‐514 藤田耕司 岡崎壮之,菅谷啓之 関節包断裂を認めた外傷性肩関節前方不安定症の病態
56 肩関節 2005 29(3) 507-510 前田和彦 菅谷啓之,望月智之,森石丈二 反復性肩関節前方不安定症におけるInverted-pear Glenoid -その出現頻度と随伴骨片の有無-
55 J Bone Joint Surg (Am) 2005 87A 1752-1760 Sugaya H Moriishi J, Kanisawa I, Tsuchiya A Arthroscopic Osseous Bankart Repair for Chronic Recurrent Traumatic Anterior Glenohumeral Instability
54 関節鏡 2005 30 57-60 高橋憲正 菅谷啓之,松木圭介,土屋明弘,守屋秀繁 反復性肩関節前方不安定症に対する鏡視下手術-補強手術としての鏡視下腱板疎部縫合術の有用性-
53 整形災害外科(4月臨時増刊号) 2005 48 573-583 菅谷啓之 高村 隆 鏡視下手術における肩関節術後理学療法の進めかた
52 リウマチ科 2005 33(4) 385-393 菅谷啓之 - 肩関節障害の診断と治療
51 Arthroscopy 2005 21(5) 635.e1-635.e5 Sugaya H Kon Y, Tsuchiya A Arthroscopic repair of glenoid fractures using suture anchors
50 Arthroscopy 2005 21(5) 632.e1-632.e6 Kon Y Shiozaki H, Sugaya H Arthroscopic repair of a humeral avulsion of the glenohumeral ligament lesion
49 整形外科最小侵襲手術ジャーナル 2005 35 51‐56 菅谷啓之 - 肩関節鏡視下手術に必要なportal placement
48 Am J Sports Med 2005 33 889-893 Saito H Itoi E, Sugaya H, Minagawa H, Yamamoto N, Tuoheti Y. Location of the Glenoid Defect in Shoulders With Recurrent Anterior Dislocation
47 臨床スポーツ医学 2005 22(5) 527-532 菅谷啓之 - スポーツ選手の腱板断裂に対する鏡視下手術とRF
46 関節外科 2005 24(5) 588-594 菅谷啓之 - 反復性肩関節前方不安定症における3DCTの有用性
45 Monthly Book Orthopaedics 2004 17(13) 9-17 菅谷啓之 - 肩腱板損傷における鏡視下手術の実際
44 肩関節 2004 28(2) 287-290 菅谷啓之 近良明,
高橋憲正,
松木圭介,
土屋明弘
鏡視下腱板修復術における術後MRI所見と臨床成績ー単層固定法と重層固定法の比較ー
43 Arthroscopy 2004 20 (Suppl 2) 116-120 Sugaya H Kon Y, Tsuchiya A Arthroscopic Bankart Repair in the Beachchair Position: A Cannulaless Method Using an Intra-articular Suture Relay Technique
42 Monthly Book Orthopaedics 2004 17(7) 55-60 菅谷啓之 松木圭介 関節鏡視下関節包全周切離術
41 関節外科 2004 23(6) 788-794 菅谷啓之 松木圭介 反復性肩関節前方不安定症における3DCTによる関節窩形態の評価と治療法の選択
40 考える理学療法:評価から治療手技の選択 2004 丸山仁司編,文光堂 54-59 菅谷啓之 - 理学療法士にできる守備範囲を知ろう:理学療法士の役割と医師の役割
39 関節外科 2004 23(3) 130-133 土屋明弘 菅谷啓之 種目別スポーツ整形外科11 ゴルフ
38 徒手的理学療法 2003 3(1) 1 菅谷啓之 - 巻頭言 『“体”の叫びを知り,真実を探求する』
37 新OS Now 2003 20(2) 11-18 菅谷啓之 - 反復性肩関節前方(亜)脱臼に対する関節鏡視下手術 Suture anchor法
36 肩関節 2003 27(2) 343-347 松木圭介 菅谷啓之,
近良明,
土屋明弘
反復性肩関節前方不安定症における骨形態とjoint laxity
35 肩関節 2003 27(2) 233-236 菅谷啓之 近良明,
土屋明弘,
松木圭介,
藤田耕司
単層固定法による鏡視下腱板修復術の成績-術後1年のMRI所見と手術成績-
34 関節鏡 2003 28(2) 211-215 菅谷啓之 近良明,
土屋明弘
関節鏡視下骨性バンカート修復術-術後1年以上経過例の手術成績-
33 関節外科 2003 22(9) 104-110 菅谷啓之 - スポーツ選手における腱板損傷の診断と治療
32 日医雑誌 2003 130(3) 428 菅谷啓之 - ゴルフにおけるスポーツ障害
31 J Bone Joint Surg (Am) 2003 85A 878-884 H. Sugaya J. Moriishi, M. Dohi, Y. Kon, A. Tsuchiya Glenoid rim morphology inrecurrent anterior glenohumeral instability
30 J Orthop Sports Phys Ther 2003 33(4) 196-203 K. Mitchell SA. Banks, DA. Morgan, H. Sugaya Normal Shoulder Motions During The Golf Swing In Male Amateur Golfers
29 徒手的理学療法 2003 1(2) 61-67 菅谷啓之 - スポーツ障害肩の診断と治療
28 関節鏡 2002 27(2) 163-167 菅谷啓之 近 良明,
松木圭介,
土屋明弘
Lateral acromial portalを用いた剥離型肩関節上方関節唇損傷に対する鏡視下手術
27 関節外科 2002 21(11) 37(1341)‐44 菅谷啓之 近 良明 関節鏡視下腱板修復術
26 肩関節 2002 26(2) 351-355 松木圭介 菅谷啓之他 Suture anchorを用いた鏡視下Bankart法術後再(亜)脱臼例の検討-初回手術時の病態と再手術所見よりみたその対策-
25 整形災害外科 2002 45(1) 49-55 菅谷啓之 - 反復性肩関節前方不安定症に対する鏡視下suture anchor法
24 関節外科 2001 20(10) 20-28 菅谷啓之 - 外傷性肩関節前方不安定症に対する鏡視下手術-スーチャーアンカー法の理念とその手術成績-
23 肩関節 2001 25(3) 453-457 菅谷啓之 森石丈二他 外傷性肩関節前方不安定症における関節窩骨性形態の評価-3DCTを用いた検討-
22 関節鏡 2001 26(1) 67ー72 菅谷啓之 土屋明弘,園田昌毅他 新鮮関節窩脱臼骨折に対する鏡視下手術-スーチャーアンカーを用いた骨片修復術-
21 新OS Now 2001 10 16-21 菅谷啓之 - 関節鏡視下腱板修復術
20 臨床スポーツ医学 2000 17(12) 1439-1448 畠中拓哉 菅谷啓之 ゴルファーのリハビリテーションテクニック-ゴルファーの腰痛に対する関節運動学的アプローチの治療効果
19 関節鏡 2000 25(1) 17-21 菅谷啓之 土屋明弘,岡崎壮之他 投球障害肩に対する鏡視下手術
18 肩関節 2000 24(3) 417-420 菅谷啓之 石毛徳之,藤田耕司他 反復性肩関節前方不安定症に対する鏡視下手術-成績向上と適応拡大のための試み-
17 臨床整形外科 2000 35(4) 295-300 菅谷啓之 石毛徳之,藤田耕司他 関節鏡視下腱板修復術の経験-その有用性と問題点について-
16 日医雑誌 1999 121(10) sp18-20 菅谷啓之 - ゴルフによる傷害
15 整形外科鏡視下手術 1999 守屋秀繁監修,診断と治療社 157-163 菅谷啓之 - 肩の鏡視診断
14 別冊整形外科 1999 36 94-97 菅谷啓之 土屋明弘,園田昌毅他 関節鏡を利用した腱板修復術
13 肩関節 1999 23(2) 203-207 菅谷啓之 土屋明弘,岡崎壮之他 腱板修復術における関節鏡の有用性
12 整形外科看護 1999 4(1) pp4-8 菅谷啓之 - 肩関節のCT・MRI像
11 Science and GolfIII: Proceedings of the 3rd World Scientific Congress of Golf 1998 Farrally and Cochran ed., Human Kinetics 120-126 DA. Morgan H. Sugaya, SA. Banks, et al The influence of age on lumbar mechanics during the golf swing
10 Science and GolfIII: Proceedings of the 3rd World Scientific Congress of Golf 1998 Farrally and Cochran ed., Human Kinetics 83-91 H. Sugaya SA. Banks, DA. Morgan, et al Low back injury in elite and professional golfers: an epidemiologic and radiographic study
9 Orthop Trans 1997 21(1) 312-313 H. Sugaya A. Tsuchiya, H. Moriya, et al Asymmetric radiographic findings on the lumbar spine in elite and professional golfers
8 Jpn J Orthop Sports Med 1996 16(4) 330-337 H. Sugaya A. Tsuchiya, H. Moriya, et al Motion analysis of the trunk during the golf swing
7 日本臨床バイオメカニクス学会誌 1996 17 157-161 菅谷啓之 守屋秀繁,土屋明弘他 ゴルフスイングにおける脊柱の三次元動作解析
6 臨床スポーツ医学 1995 12(8) 928-934 菅谷啓之 守屋秀繁,土屋明弘他 プロゴルフ選手のスポーツ障害について-アンケート調査結果より-
5 骨・関節・靭帯 1995 8(2) 121-123 菅谷啓之 守屋秀繁 テーピング:その適応と限界,安全性など
4 整形外科 1995 46(2) 184 菅谷啓之 守屋秀繁,土屋明弘他 プロゴルフ選手の腰痛について
3 Japan PGAリポート 1994 41 40-46 菅谷啓之 - 93PGAアンケート調査報告
2 日整会誌 1994 68(2) S494 菅谷啓之 守屋秀繁,土屋明弘他 プロゴルフ選手の腰痛に関する疫学的検討
1 臨床整形外科 1992 27(6) 707-712 菅谷啓之 宮坂斉他 腰椎椎間板ヘルニアに対するmicrosurgical discectomyの臨床的検討

図書

# Year Author Chapter Title Eds Title ed# Publisher Place Page
4 2007 共同執筆 Ⅰ.種目別対処法 20 ゴルフ ドクター編 林 光俊(編集主幹)ナショナルチームドクター・トレーナーが書いた種目別スポーツ障害の治療 ナショナルチームドクター・トレーナーが書いた種目別スポーツ障害の治療 初版 南江堂 東京 383-389
3 2006 菅谷啓之 4章 治療 手術療法 関節鏡手術 高岸憲二(編集) 整形外科学大系13:肩関節・肩甲帯 第1版 中山書店 東京 102-116
2 2006 菅谷啓之 "B.部位別・疾患別アスレティックリハビリテーション 肩関節不安定症の診断とアスレティックリハビリテーション" スポーツ選手の肩関節不安定症の診断と治療 福林 徹 実践にすぐ役立つアスレティックリハビリテーションマニュアル 第1版 全日本病院出版会 東京 26-30
1 2006 菅谷啓之(訳) 15章 守屋秀繁(監訳) スポーツリハビリテーション 最新の理論と実践 初版 西村書店 東京 193-212
PAGE TOP