当院について

病院情報の公表

病院概要

平成28年度 船橋整形外科病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 18 546 299 257 390 475 690 645 260 15
60代の患者が19.2%と最も多く、次いで70代の患者が17.9%を占める。
これは人工関節手術を多く実施している当院の特徴である。
また、10代の患者も非常に多く、スポーツ外傷なども含め地域に根差した医療事業を行っている。




診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120 整形外科 723 6.15 24.42 0.01 63.40
120 整形外科 626 6.31 11.91 0.00 30.29
120 整形外科 329 5.96 20.87 0.01 62.16
120 整形外科 324 7.67 26.26 0.35 73.19
120 整形外科 258 2.87 14.19 0.01 31.15
平均在院日数が全国に比べて非常に短い。多くの患者が1週間以内で退院している。また、膝関節症(変形性含む)を除くと、転院率が0.01(1%)以下である。
特に股関節骨頭壊死、股関節症(変形性含む)は、高齢者であっても転院をせず短期間の入院で在宅復帰していることを示している。


初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌
大腸癌
乳癌
肺癌
肝癌
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院は整形外科単科病院の為、公表基準人数に達していない。

成人市中肺炎の重症度別患者数等
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症
中等症
重症
超重症
不明
当院は整形外科単科病院の為、公表基準人数に達していない。
脳梗塞のICD10別患者数等
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内
その他
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内
その他
I63$ 脳梗塞 3日以内
その他
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内
その他
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内
その他
当院は整形外科単科病院の為、公表基準人数に達していない。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(股) 1102 1.04 4.53 0.11 66.78
K079-21 関節鏡下靱帯断裂形成手術(十字靱帯) 316 0.98 7.71 0.00 27.29
K080-52 関節鏡下肩関節唇形成術(腱板断裂を伴わないもの) 223 0.69 1.03 0.00 26.90
K080-41 関節鏡下肩腱板断裂手術(簡単なもの) 219 1.04 4.03 0 61.82
K0483 骨内異物(挿入物を含む。)除去術(下腿) 159 0.44 1 0 32.38
人工関節置換術(股)が最も多く31.2%、次いで十字靭帯形成術が8.9%である。
若い世代から高齢世代まで多くの手術を実施しており、世代に関わらず短期間での在宅復帰を促進している。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 19 0.01
異なる 2 0.00
当院は整形単科なので公表すべき数値に達した事象は、術後の合併症のみとなる。
発生率は非常に低く1%以下であり、発生した合併症に関しては当院の感染対策室が調査している。
検証の結果、特筆すべき原因は見つかっていない。
PAGE TOP