当院について

病院情報の公表

病院概要

平成29年度 船橋整形外科 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 12 607 285 263 386 542 756 820 240 13
退院数は70代が最も多く全体の20.9%であり、次いで60代の19.3%と高齢者の割合が高い。これは人工関節手術を多く実施していることが実績となって表れた値と思われる。
次いで、10代の15.5%と若い世代の手術、入院が多くなっている。これは、スポーツでの負傷に多く対処している当院の特徴といえる。
その他の世代に関しても安定した患者さんが退院されており、地域の整形医療の一助となっている。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
07040XXX01XXXX 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 820 6.89 23.14 0.02 63.85
160620XX01XXXX 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 662 6.42 11.41 0.00 29.28
070230XX01XXXX 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 381 7.81 25.09 0.28 72.85
160610XX01XXXX 四肢筋腱損傷 靱帯断裂形成手術等 292 5.90 19.87 0.00 63.09
160720XX01XX0X 肩関節周辺の骨折脱臼 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿等 副傷病なし 225 2.96 13.35 0 29.58
当院の上位5位の疾患に関する特徴として、全国平均と比較すると非常に短い平均在院にが特徴となっている。また平均年齢が高い疾患についても平均在院日数は短く、転院率も低くなっている。これは高齢者であっても短い入院期間で在宅復帰を実現出来ているという数値であり、入院治療による患者さんの負担の軽減にもなっている。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌
大腸癌
乳癌
肺癌
肝癌
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院は整形外科単科の為、公表基準人数に達していない。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症
中等症
重症
超重症
不明
当院は整形外科単科の為、公表基準人数に達していない。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内
その他
当院は整形外科単科の為、公表基準人数に達していない。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(股) 1285 1.03 5.03 0.10 67.18
K079-21 関節鏡下靱帯断裂形成手術(十字靱帯) 334 1 7.93 0 26.21
K080-41 関節鏡下肩腱板断裂手術(簡単なもの) 189 0.97 3.94 0.01 62
K080-52 関節鏡下肩関節唇形成術(腱板断裂を伴わないもの) 188 0.73 1.11 0 24.79
K0483 骨内異物(挿入物を含む。)除去術(前腕) 175 0.67 0.97 0 34.82
最も多く手術を行っているのは、股関節の人工関節置換術で全体の33.4%。次いで関節鏡を使用した膝の靭帯断裂形成が全体の8.7%。3位、4位は同率で関節教を使用した肩の手術(腱板断裂、関節唇)がそれぞれ全体の4.9%となっている。これらの手術は低侵襲(体へのダメージの少ない)手術を実施しており、高齢者であっても術後日数が短く、転院をせずに在宅復帰がが可能になっている。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 20 0.01
異なる 6 0.00
当院は整形単科なので公表すべき数値に達した事象は、手術・処置等の合併症のみとなる。
発生率は非常に低く1%以下、発生した合併症に関しては当院の感染対策室が調査し検証の結果、特筆すべき原因は見つかっていない。
更新履歴
201809
PAGE TOP