当院について

当院について

船橋整形外科病院

当院では、厚生労働大臣の定めた基準に基づき下記の施設基準を認可されております。

基本診療料の施設基準

1.一般病棟入院基本料7:1
各病棟(東・西)では、1日に12人以上の看護職員(看護師及び准看護師)が勤務しています。
※時間帯毎の配置は下記の通りです。
朝  8:30~夕方17:30 看護職員1人当たりの受け持ち数は 4人以内。
夕方17:30~翌朝 8:30 看護職員1人当たりの受け持ち数は15人以内。
2.入院時食事療養費(Ⅰ)
管理栄養士によって管理された食事を、適時(夕食については午後6時以降)・適温で配膳しています。
3.医療安全対策加算(Ⅰ)
組織的に医療安全対策を実施する体制が整備されております。
4.診療録管理体制加算(Ⅰ)
診療記録の保管・管理を行い、診療情報を提供しています。
5.医師事務作業補助体制加算(Ⅰ)20:1
病院勤務医の負担の軽減に対する体制が整備されております。
医師事務作業補助者を病床20に対し1人勤務しています。
6.感染防止対策加算(Ⅱ)
組織的に感染防止対策を実施する体制が整備されております。
連携医療機関と共同カンファレンスを実施しております。
7.患者サポート充実加算
患者又はその家族からの様々な相談に対応する体制が整備されております。
8.退院支援加算1(イ)
入院患者の退院に係る調整及び支援に関し実施する体制が整備されております。
9.データ提出加算2(ロ)
入院DPCデータ及び外来データを厚生労働省に提出する体制が整備されております。
10.病棟薬剤業務実施加算(Ⅰ)
入院患者の薬物療法の有効性、安全性の向上に資する薬剤関連業務を実施しております。

特掲診療料の施設基準

  1. 脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)
  2. 運動器リハビリテーション料(Ⅰ)
  3. 医科点数表第2章第10部手術の通則5及び6に掲げる手術
  4. 麻酔管理料(Ⅰ)
  5. CT(16列)撮影及びMRI(1.5テスラ、0.3テスラ)撮影
  6. 薬剤管理指導料
  7. 自家培養軟骨使用
  8. 輸血管理料(Ⅱ、輸血適正使用加算、貯血式自己血輸血管理体制加算)

2016.9.1 院長

年間症例数(2016年)

医科点数表第2表第10部手術の通則の5及び6に掲げる手術の施設基準

1.区分1に分類される手術(0件)
ア、頭蓋内腫瘤摘出術等 イ、黄斑下手術等 ウ、鼓室形成手術等 エ、肺悪性腫瘍手術等  オ、経皮的カテーテル心筋焼灼術
2.区分2に分類される手術
ア、靭帯断裂形成手術等(389件)
イ、水頭症手術等 ウ、鼻副鼻腔悪性腫瘍手術等 エ、尿道形成手術等
オ、角膜移植術 カ、肝切除術等 キ、子宮付属器悪性腫瘍手術等
3.区分3に分類される手術(0件)
ア、上顎骨形成術等 イ、上顎骨悪性腫瘍手術等 ウ、バセドウ甲状腺全摘 エ、母指化手術等  オ、内反足手術等 カ、食道切除再建術等 キ、同種腎移植術等
4.その他の区分に分類される手術
ア、人工関節置換術(1,468件)
イ、乳児外科施設基準対象手術 ウ、ペースメーカー移植術及びペースメーカー交換術
エ、冠動脈、大動脈バイパス移植術及び体外循環を要する手術
オ、経皮的冠動脈形成術、経皮的冠動脈粥腫切除術及び経皮的冠動脈ステント留置術

2017.4.1 院長

PAGE TOP