外来受診のご案内

X線撮影、MRI、X線CT検査を受診の方へ

はじめに

ドイツ人物理学者レントゲン博士が1895年にX線を発見してから100年以上が経った現在でも、画像診断技術は急速に進歩をし続けています。
整形外科領域の診療において画像診断はなくてはならないものです。
従来のX線診断法ではわかりにくい、痛みの原因、機能障害もMRI、X線CTなど日進月歩の先端技術を積極的に習得、駆使して的確な診断ができるように、また患者さまにわかりやすいように、高品質、高効率な最先端イメージングを提供していくことが放射線部の業務です。
こちらのページでは患者さまに安心して検査を受けていただけるよう様々な情報提供をおこなってまいります。

MRI新型機種導入のお知らせ

広いガントリー(MRIの開口部)のため閉塞感も軽減。 明るい雰囲気の検査室でリラックスして検査が受けられます。

従来型MRIと比較し、より高画質なMRI画像を撮像することが可能となり 検査時間も大幅に短縮しました。

従来型MRI⇒頸椎、腰椎のMRI検査・・・約30分
新型MRI⇒頸椎、腰椎のMRI検査・・・約15分

MRIについてのご質問は当院放射線部まで。

高度先端医療に対応すべく新型MRI装置を導入いたしました。

診療の流れ

  • フォルダー(基本票)と診察券をレントゲン受付窓口へ出します。
  • 順番でお呼びいたしますので、お近くの椅子でお待ち下さい。
  • お名前をお呼びし、撮影をします。
    ◎重要:お名前の確認について
    当院では、患者さまの取り間違い事故などを防止するために、お名前をフルネームでお呼びしております。また、ご本人である確認として、お名前をお尋ねいたしますのでお応えいただけますようお願いいたします。
  • 撮影が終了し、もう一度診察室へ入る場合は、診察室近くの待合室でお待ち下さい。

★ご不明な点は、お近くのスタッフまでお問い合わせ下さい。

PAGE TOP