当院について

病院情報の公表

病院概要

平成30年度 船橋整形外科病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 16 587 346 280 431 646 871 881 310 17
退院数は70代が20.1%、60代が19.9%と全体の40%を占めており、昨年とほぼ同じ割合となっている。当院は高齢者に対して人工関節置換術の実績が多くあるので、その結果が現れている。
また10代の退院者も13.4%と他の年代を上回っている。これはスポーツ障害に対して積極的に取り組んでいる当院の特徴の1つと考えられる。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
07040XXX01XXXX 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 967 7.18 22.27 0.02 64.65
160620XX01XXXX 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 402 8.03 14.27 0 29.15
070230XX01XXXX 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 393 10.26 24.26 0.24 73.79
160610XX01XXXX 四肢筋腱損傷 靱帯断裂形成手術等 292 5.99 18.92 0.01 62.00
160620XX02XXXX 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 関節滑膜切除術等 281 2.83 7.29 0 37.36
退院者数の項目でも触れたが、DPC名称が「変形性を含む股関節、膝関節」とスポーツ障害が上位に入っている。
この術式の特徴として、全国平均と比べると半分以下の在院日数となっている。転院率も極僅かであることから入院期間が短く、早期の社会復帰が実現できているということになり、いろいろな面で、患者様の負担軽減を実現できていると思われる。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌
大腸癌
乳癌
肺癌
肝癌
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院は整形外科単科の為、公表基準人数に達していない。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症
中等症
重症 1 16 91
超重症
不明
市中肺炎と判定した1例について、感染が伝播した事例はなかった。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内
その他
当院は整形外科単科の為、公表基準人数に達していない。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(膝) 1446 1.02 5.84 0.09 67.77
K079-21 関節鏡下靱帯断裂形成手術(十字靱帯) 289 0.99 7.80 0 28.13
K0483 骨内異物(挿入物を含む。)除去術(下腿) 251 0.59 1.11 0 39.23
K080-41 関節鏡下肩腱板断裂手術(簡単なもの) 220 0.96 3.93 0.01 61.53
K068-2 関節鏡下半月板切除術 203 0.95 1.04 0 44.00
K0821の人工関節置換術(肩、股、膝)が最も多く実施されている。次に関節鏡を使用した膝、肩の手術が多く行われている。これらはいずれも低侵襲(体にダメージの少ない)術式で行われており、在院日数の短さと転院率の低さがその有効性を証明していると思われる。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 28 0.01
異なる 4 0.00
公表すべき数値に達した事象は “手術・処置等の合併症” のみであり、その発生率は1%以下であった。
該当する症例について、早期の治癒を図るとともに、感染の拡大防止対策を講じている。
更新履歴
201909
PAGE TOP