スポーツ医学・関節センター

ドクタープロフィール

菅谷 啓之

スポーツ医学・関節センター長

専門分野

スポーツ医学、肩関節・肘関節

肩関節・肘関節疾患の治療。肩・肘関節疾患を中心に外来診察患者数は年間延べ約12,000名で、理学療法を駆使した保存療法が中心である。手術を要する症例については、関節鏡視下手術を年間約900例程度の手術を行っている。肩関節鏡視下手術(反復性肩関節脱臼に対する鏡視下バンカート法、腱板断裂に対する鏡視下腱板修復術をはじめ、投球障害肩・関節唇損傷・難治性拘縮肩・肩鎖関節脱臼など)を年間800例程度、肘関節鏡視下手術(関節ねずみの摘出、離断性骨軟骨炎、変形性関節症、肘関節拘縮など)を年間100例程度、リバース型人工肩関節などの人工肩関節手術を年間100例程度行っている。

主要文献

  1. Sugaya H, Takahashi N. Arthroscopic Osseous Bankart Repair in the Treatment of Recurrent Anterior Glenohumeral Instability. J Bone Joint Surg. Essential Surgical Technique 2016; 6 (3): e26.
  2. Kitayama S, Sugaya H, Takahashi N, Matsuki K, Kawai N, Tokai M, Ohnishi K, Ueda Y, Hoshika S, Kitamura N, Yasuda K, Moriishi J. Clinical Outcome and Glenoid Morphology after Arthroscopic Chronic Bony Bankart Repair: A 5 to 8 Year Follow-up. J Bone Joint Surg Am 2015; 97: 1833-1843.
  3. Ueda Y, Sugaya H, Takahashi N, Matsuki K, Kawai N, Tokai M, Ohnishi K, Hoshika S. Rotator Cuff Lesions in Patients with Stiff Shoulder: A Prospective Analysis of 379 Shoulders. J Bone Joint Surg Am 2015; 97:1233-7.
  4. Ando A, Sugaya H, Takahashi N, Kawai N, Hagiwara Y, Itoi E. Arthroscopic Management for Selective Loss of External Rotation after Surgical Stabilization of Traumatic Anterior Glenohumeral Instability: Arthroscopic RATS Procedure. Arthroscopy 2012; 28:749-53.
  5. Mochizuki T, Sugaya H, Uomizu M, Maeda K, Matsuki K, Sekiya I, Muneta T, Akita K. Humeral Insertion of the Supraspinatus and Infraspinatus. New Anatomical Findings Regarding the Footprint of the Rotator Cuff. J Bone Joint Surg Am 2008;90A:962-969.
  6. Sugaya H, Maeda K, Matsuki K, Moriishi J. Repair Integrity and Functional Outcome after Arthroscopic Double-row Rotator Cuff Repair: A Prospective Outcome Study. J Bone Joint Surg Am 2007; 89A: 953-960.
  7. Sugaya H, Moriishi J, Kanisawa I, Tsuchiya A. Arthroscopic Osseous Bankart Repair for Chronic Recurrent Traumatic Anterior Glenohumeral Instability. J Bone Joint Surg Am 2005; 87A: 1752-1760.
  8. Sugaya H, Moriishi J, Dohi M, Kon Y, Tsuchiya A. Glenoid Rim Morphology in Recurrent Anterior Glenohumeral Instability. J Bone Joint Surg Am 2003; 85A: 878-884.

菅谷医師その他の論文はこちら

資格・取得専門医・認定医

医学博士、千葉大学【医学部臨床教授】、東京女子医科大学【整形外科客員教授】、米国ハワイ大学【医学部客員教授】、独立行政法人PMDA【専門委員】、日本整形外科学会【専門医・指導医】、日本スポーツ協会【公認スポーツドクター】

国際学会

AAOS(American Association of Orthopaedic Surgeons)
AOSSM(The American Orthopaedic Society for Sports Medicine)
ASES(American Shoulder and Elbow Surgeons)Corresponding Member
ISAKOS(International Society of Arthroscopy, Knee, and Orthopaedic Sports Medicine)Member
IAS(Indian Arthroscopy Society)Honorary Member

国内学会・研究会

日本整形外科学会【用語委員・リバース型人工肩関節ガイドライン作成委員】、日本整形外科スポーツ医学会【代議員・国際委員長】、日本肩関節学会【第44回学術大会長・代議員,国際委員長・リバース型人工肩関節ガイドライン運用委員長・社会保険等委員】、日本肘関節学会、肩関節鏡手術研究会【幹事】、日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会【評議員】、よこはまスポーツ整形外科フォーラム【幹事】、関東肩を語る会【幹事】、日本徒手的理学療法研究会【顧問】、千葉上肢を語る会

経歴

  • 1987年3月,千葉大学医学部卒業
  • 1987年4月,千葉大学付属病院整形外科研修医
  • 1993年4月,千葉大学付属病院整形外科医員
  • 1996年10月,Research Fellow, Orthopaedic Research Lab, West Palm Beach, FL, USA
  • 1997年1月,川崎製鉄健康保険組合千葉病院整形外科
  • 2002年4月,船橋整形外科スポーツ医学センター 肩関節肘関節外科部長
  • 2011年12月,米国ハワイ大学医学部客員教授(現職)
  • 2013年4月,船橋整形外科病院 肩関節・肘関節センター長
  • 2015年4月,東京女子医大整形外科客員教授(現職)
  • 2016年5月,船橋整形外科病院 スポーツ医学・関節センター長(現職)

高橋 憲正

スポーツ医学・関節センター 肩関節・肘関節部門 部長

専門分野

肩関節外科、肘関節外科、スポーツ医学

高橋 憲正

肩関節・肘関節外科,スポーツ医学を専門とし,年間約300例の肩関節・肘関節の手術を執刀する。野球を中心としたオーバーヘッドスポーツ、ラグビー・サッカーなどのコンタクトスポーツ、体操競技などのスポーツ選手の治療を数多く経験している。

最近の著書・論文

  1. Takahashi N, Sugaya H, Matsuki K, Miyauchi H, Matsumoto M, Tokai M, Onishi K, Hoshika S, Ueda Y. Hypertrophy of the extra-articular tendon of the long head of biceps correlates with the location and size of a rotator cuff tear. Bone Joint J. 2017 Jun;99-B(6):806-811.
  2. Takahashi N, Sugaya H, Matsumoto M, Miyauchi H, Matsuki K, Tokai M, Kawai N, Onishi K, Ueda Y, Hoshika S. Progression of degenerative changes of the biceps tendon after successful rotator cuff repair. J Shoulder Elbow Surg. 2017 Mar;26(3):424-429.
  3. Sugaya H, Takahashi N. Arthroscopic Osseous Bankart Repair in the Treatment of Recurrent Anterior Glenohumeral Instability. JBJS ESSENTIAL SURGICAL TECHNIQUES 2016, 6(3):e26(1-7).
  4. Kitayama S, Sugaya H, Takahashi N, Matsuki K, Kawai N, Tokai M, Ohnishi K, Ueda Y, Hoshika S, Kitamura N, Yasuda K, Moriishi J. Clinical Outcome and Glenoid Morphology After Arthroscopic Repair of Chronic Osseous Bankart Lesions: A Five to Eight-Year Follow-up Study. J Bone Joint Surg Am. 2015 Nov 18;97(22):1833-43.
  5. Ueda Y, Sugaya H, Takahashi N, Matsuki K, Kawai N, Tokai M, Onishi K, Hoshika S. Rotator Cuff Lesions in Patients with Stiff Shoulders: A Prospective Analysis of 379 Shoulders. J Bone Joint Surg Am. 2015 Aug 5;97(15):1233-7.
  6. 高橋憲正、2018、肩関節後方不安定症に対する鏡視下手術、菅谷啓之編、肩関節手術のすべて、メディカルビュー社、東京、52~57
  7. 高橋憲正、2018、MDI および非外傷性肩関節不安定症に対する鏡視下手術、菅谷啓之編、肩関節手術のすべて、メディカルビュー社、東京、58~63
  8. 高橋憲正、2017、Ⅳ投球障害に必要な基礎知識、野球肩の分類と部位別治療方針‐骨年齢と部位による違い‐、菅谷啓之・能勢康史編、野球の医学、文光堂、東京、135-142
  9. 高橋憲正. 【関節鏡手術の最新の話題】 肩関節鏡 SLAP損傷に対する鏡視下手術. 関節外科 2017;36(4):48-54.

資格・取得専門医・認定医

医学博士、千葉大学【医学部臨床准教授】、日本整形外科学会【専門医・指導医】、日本体育協会【公認スポーツドクター】、千葉県体育協会スポーツ医科学研究委員、日本オリンピック委員会強化スタッフ(医・科学スタッフ)、フィギュアスケート強化スタッフ(スポーツドクター)

国際学会

ASES (The American Shoulder and Elbow Surgeons) Corresponding member
AAOS(American Academy of Orthopaedic Surgeons)International affiliate member
ISAKOS (International Society of Arthroscopy, Knee Surgery and Orthopaedic Sports Medicine) Member

国内学会・研究会

日本整形外科学会、日本整形外科スポーツ医学会【代議員】、日本肩関節学会、日本肘関節学会、日本臨床スポーツ医学会、日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会、千葉上肢を語る会、九千スポーツ医学研究会【世話人】、東京スポーツ整形外科研究会【世話人】

経歴

  • 1988年 県立木更津高校卒業
  • 1995年 琉球大学卒業 同年千葉大学整形外科入局
  • 2004年 学位取得
  • 2004~2005年 UC San Diego校でリサーチフェロー
  • 2007年 川鉄千葉病院 整形外科
  • 2008年 船橋整形外科 スポーツ医学センター
  • 2013年~ 船橋整形外科 肩関節・肘関節センター(現職)

高橋 謙二

スポーツ医学・関節センター スポーツ下肢部門 部長

専門分野

スポーツ医学、膝関節・足関節・足部外科(主に関節鏡手術)、下肢変形矯正に対する骨切り手術

高橋 謙二

膝靭帯、半月板、骨切り術などの膝関節外科と、足関節捻挫後遺症(捻挫癖)や骨軟骨障害などの足関節外科、難治性の腱障害や疲労骨折などの足部スポーツ障害を担当。体外衝撃波療法を中心とした保存治療も行う。

主要論文

  1. 高橋謙二ら, スポーツ障害に対する体外衝撃波治療 〜疲労骨折と骨端症を中心に〜. 整スポ会誌 38(3), 1-8, 2018
  2. 高橋謙二ら, 足底腱膜炎の保存療法:Shock Wave療法の効果と限界. MB Orthop
  3. 高橋謙二ら, スポーツ障害に対する体外衝撃波治療. 臨床スポーツ医学
  4. 高橋謙二ら, ランナーの足底腱膜炎. 臨床スポーツ医学 34(7), 666-671, 2017
  5. 高橋謙二ら, アキレス腱症・アキレス腱周囲炎の診断と治療. 関節外科 36(1), 36-43, 2017
  6. 高橋謙二ら, 下肢スポーツ腱付着部症に対する体外衝撃波治療. 整・災害外科59: 651-659-, 2016
  7. 高橋謙二ら, 距骨骨軟骨損傷に対する鏡視下経内果的骨釘固定術. 日足外誌36(1), 203-207, 2015
  8. 高橋謙二ら, 若年者大腿骨顆部離断性骨軟骨炎に対する保存療法. JOSKAS 40: 182-183, 2015
  9. 高橋謙二ら, 距骨骨軟骨損傷患者の術後スポーツ復帰状況. JOSKAS 39: 476-477, 2014
  10. 高橋謙二ら, 腱・腱付着部症の病態 : 疫学と病因. 整・災害外科56(11), 1345-1354, 2013
  11. 高橋謙二ら, アスリートの慢性足底筋膜炎に対する体外衝撃波治療. 日足外誌32(2), 94-98, 2011
  12. Takahashi K, Yamazaki M, Saisu T, Nakajima A, Shimizu S, Mitsuhashi S, Moriya H., Gene expression for extracellular matrix proteins in shockwave-induced osteogenesis in rats. Calcif Tissue Int. 2004 Feb; 74(2):187-93.

資格・取得専門医・認定医

日本整形外科学会【専門医・指導医・認定リウマチ医】、日本体育協会【公認スポーツドクター】、ICIS Level 3(Immediate Care in Sports Level 3):スポーツ現場における救急医の国際資格(ラグビーワールドカップやトップリーグでは必須資格)

国際学会

ISAKOS(International Society of Arthroscopy, Knee, and Orthopaedic Sports Medicine)Member、European Society for Sports Traumatology, Knee Surgery and Arthroscopy(ESSKA)Member, International Society for Musculoskeletal Shockwave Therapy (ISMST) Member

国内学会・研究会

日本整形外科学会、日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会【評議員】、日本臨床スポーツ医学会【代議員】、日本足の外科学会【評議員】、日本整形外科スポーツ医学会、日本リハビリテーション医学会、日本運動器SHOCK WAVE研究会【世話人】、千葉県足関節足部疾患研究会【世話人】、関東足の外科研究会【世話人】

スポーツ、チーム、大会帯同

NTTコミュニケーションズ・ラグビー部チームドクター(TOP LEAGUE)

経歴

  • 平成4年 徳島大学卒業 同年千葉大学整形外科入局
  • 平成10年~平成12年 千葉大学整形外科で膝関節鏡外科を研究
  • 平成13年4月 塩谷総合病院整形外科(医長)
  • 平成15年 学位取得
  • 平成15~16年 ミュンヘン大学留学
  • 平成17年 安房医師会病院 整形外科 医長
  • 平成20年 船橋整形外科 スポーツ医学センター 医員
  • 平成30年 船橋整形外科 スポーツ医学・関節センター スポーツ下肢部門 部長(現職)

酒井 洋紀

市川クリニック副院長、スポーツ医学・関節センター スポーツ下肢部門 医長

専門分野

スポーツ医学、膝関節・股関節外科、下肢関節鏡手術

酒井 洋紀

膝の靱帯損傷、軟骨損傷、半月板損傷に対する関節鏡治療が専門。
最近注目されつつある股関節唇損傷に対する関節鏡治療も担当。
国際武道大学スポーツトレーナー学科元助教授

資格・取得専門医・認定医

医学博士、日本整形外科学会【専門医】、日本スポーツ協会【公認スポーツドクター】

国際学会

ISAKOS(International Society of Arthroscopy, Knee, and Orthopaedic Sports Medicine)

国内学会・研究会

日本整形外科学会、日本臨床スポーツ医学会、日本整形外科スポーツ医学会、日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会、日本股関節学会、水泳ドクター協議会

スポーツ、チーム、大会帯同

IBM BigBlueチームドクター(X League)

渡海 守人

スポーツ医学・関節センター 肩関節・肘関節部門 医長

専門分野

スポーツ医学、肩関節・肘関節

資格・取得専門医・認定医

渡海 守人

1998年卒業、日本整形外科学会【専門医・指導医】

土屋 明弘

船橋整形外科病院 副院長

専門分野

スポーツ医学、膝関節・股関節外科、下肢関節鏡手術

土屋明弘

膝関節、足関節疾患の治療、膝関節関節鏡視下手術関節鏡視下手術は通算4000例を超える。昨年度も約300例の関節鏡視下手術を行う。 オリジナルな手術法を股関節では関節鏡視下修復術、膝関節では外側支持機構再建術、足関節では距骨離断性骨軟骨炎に対する関節鏡視下骨接合術を考案した。

ひざイキイキ ひざの痛みに悩まされる方々のための情報WEBサイト

資格・取得専門医・認定医

医学博士、東京女子医科大学【整形外科客員教授】、日本整形外科学会【専門医・指導医・認定スポーツ医】、日本スポーツ協会【公認スポーツドクター】、日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会【関節鏡技術認定医】

国内学会・研究会

日本整形外科学会、日本整形外科スポーツ医学会【代議員】、日本臨床スポーツ医学会【代議員】、日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会【評議員】、日本氷上スポーツ学会【理事】

国際学会

AAOS(American Association of Orthopaedic Surgeons)
ISAKOS(International Society of Arthroscopy, Knee, and Orthopaedic Sports Medicine)
ESSKA(European Society for Sports Traumatology, Knee Surgery and Arthroscopy)

スポーツ、チーム、大会帯同

JOCオリンピック強化スタッフ(フィギュアスケート)、千葉県スケート連盟、千葉県体育協会医科学委員、日本スケート連盟強化部学医事委員、NTT comunicationsラグビー部 チームドクター(TOP LEAGUE)

経歴

  • 1981年 千葉大学医学部卒業、同年千葉大学医学部整形外科入局
  • 1991年 千葉大学医学部整形外科助手
  • 1991年 アメリカ合衆国ボストンのハーバード大学に留学 (スポーツ医学、関節鏡視下手術の研究)
  • 1996年 千葉大学医学部整形外科講師
  • 1996年 川崎製鉄千葉病院整形外科部長として赴任
  • 2002年4月 川鉄千葉病院より船橋整形外科病院スポーツ医学センターに移る
  • 2004年1月 Jリーグ『柏レイソル』チームドクター
  • 2007年 NTTコミュニケーションズラブビー部 チームドクター
  • 2010年11月 NPO法人千葉県スケート連盟 理事・スポーツドクター

森石 丈二

市川クリニック 院長

専門分野

スポーツ医学、肩関節・肘関節外科

資格・取得専門医・認定医

森石 丈二

1981年卒業、日本整形外科学会【専門医・指導医・認定スポーツ医】、日本骨粗鬆学会【認定医】、 日本スポーツ協会【公認スポーツ医】

スポーツ、チーム、大会帯同

98年女子バスケットボール世界選手権帯同、06年男子バスケットボール世界選手権メディカルマネージャー 、JX-ENEOS Sunflowersチームドクター(WJBL)

山浦 一郎

船橋整形外科クリニック 院長
船橋整形外科病院 診療部長
病棟診療部長

専門分野

スポーツ医学、膝関節外科、下肢関節鏡手術

取得専門医・認定医・専門分野

山浦 一郎

1994年卒業、日本整形外科学会【専門医・指導医・認定スポーツ医】、日本スポーツ協会【公認スポーツドクター】

蟹沢 泉

船橋整形外科病院 整形外科

専門分野

スポーツ医学、膝関節外科、下肢関節鏡手術

蟹沢 泉

半月板損傷や靭帯損傷を中心とした膝関節スポーツ傷害や足関節などのスポーツ傷害に対する診療、関節鏡手術を中心とした下肢の外科的治療を担当。

下肢関節鏡手術症例数は年間約200例(うち靭帯損傷は約60例)

資格・取得専門医・認定医

日本整形外科学会【専門医・指導医】、日本スポーツ協会【公認スポーツドクター】

国際学会

AAOS(American Association of Orthopaedic Surgeons)
ISAKOS(International Society of Arthroscopy, Knee, and Orthopaedic Sports Medicine)

国内学会・研究会

日本整形外科学会、日本整形外科スポーツ医学会、日本関節鏡学会、日本膝関節学会、日本臨床スポーツ医学会

スポーツ、チーム、大会帯同

日本バスケットボール協会スポーツ医学委員会サポートドクター、バスケットボール日本代表チーム帯同ドクター(ユニバシアード競技大会(2001、2003年)、女子全日本代表チーム(2002年~)など)、2006年男子バスケットボール世界選手権メディカルマネージャー、JX-ENEOS Sunflowersチームドクター(WJBL)、千葉ジェッツふなばしチーフチームドクター(B.LEAGE)

斉藤 力

専門分野

スポーツ医学、膝関節外科、下肢関節鏡手術

資格・取得専門医・認定医

1995年卒業、日本整形外科学会【専門医・指導医・認定脊椎脊髄病医・認定運動器リハビリテーション医・認定スポーツ医】、厚生労働省認定臨床研修【指導医】《身体障害者福祉法指定医(肢体不自由)》

松木 圭介

専門分野

スポーツ医学、肩関節・肘関節

資格・取得専門医・認定医

松木 圭介

1996年卒業、日本整形外科学会【専門医・指導医】、日本スポーツ協会【公認スポーツドクター】、日本スポーツ協会【公認スポーツドクター】

国内学会・研究会

日本整形外科学会 スポーツ医学会【代議員】

浅井 重博

専門分野

スポーツ医学、膝関節外科、下肢関節鏡手術

取得専門医・認定医・専門分野

1999年卒業、日本整形外科学会【専門医】

森岡 健

専門分野

スポーツ医学、肩関節・肘関節

資格・取得専門医・認定医

2003年卒業、日本整形外科学会【専門医・指導医・認定スポーツ医】、厚生労働省認定臨床研修【指導医】

住吉 信彦

専門分野

スポーツ医学、膝関節外科、下肢関節鏡手術

取得専門医・認定医・専門分野

住吉 信彦

2004年卒業、日本整形外科学会【専門医】

小倉 誉大

専門分野

スポーツ医学、膝関節外科、下肢関節鏡手術

取得専門医・認定医・専門分野

小倉 誉大

2005年卒業、日本整形外科学会【専門医】

福田 秀明

専門分野

スポーツ医学、膝関節外科、下肢関節鏡手術

取得専門医・認定医・専門分野

2005年卒業、日本整形外科学会【専門医】、日本スポーツ協会【公認スポーツドクター】

上田 祐輔

専門分野

スポーツ医学、肩関節・肘関節

資格・取得専門医・認定医

上田 祐輔

2005年卒業、日本整形外科学会【専門医】

星加 昭太

専門分野

スポーツ医学、肩関節・肘関節

資格・取得専門医・認定医

2006年卒業、日本整形外科学会【専門医】

濱田 博成

専門分野

スポーツ医学、肩関節・肘関節

資格・取得専門医・認定医

濱田 博成

2006年卒業、日本整形外科学会【専門医】

上條 秀樹

専門分野

スポーツ医学、肩関節・肘関節

資格・取得専門医・認定医

上條 秀樹

2007年卒業、日本整形外科学会【専門医】

高橋 達也

専門分野

スポーツ医学、膝関節外科、下肢関節鏡手術

取得専門医・認定医・専門分野

高橋 達也

2008年卒業、日本整形外科学会【専門医】

竹内 康剛

専門分野

スポーツ医学、肩関節・肘関節

資格・取得専門医・認定医

竹内 康剛

2008年卒業、日本整形外科学会【専門医】

市野 義信

専門分野

スポーツ医学、膝関節外科、下肢関節鏡手術

取得専門医・認定医・専門分野

市野 義信

2008年卒業、日本整形外科学会【専門医】、日本スポーツ協会【公認スポーツドクター】

出口 友彦

専門分野

スポーツ医学、肩関節・肘関節

資格・取得専門医・認定医

出口 友彦

2012年卒業、日本整形外科学会【専門医】

面谷 透

専門分野

スポーツ医学、膝関節外科、下肢関節鏡手術

資格・取得専門医・認定医

面谷 透

2012年卒業、日本整形外科学会【専門医】、日本体操協会 マルチサポート委員会委員、日本オリンピック委員会 強化スタッフ(体操競技)

PAGE TOP