当院について

看護部

看護部紹介

当院は整形外科の周術期の患者さんが入院されている病院です。7:1看護基準体制です。電子カルテ上でクリティカルパスを運用しています。スタンダードケアを基本にできるだけ患者さんの個別性に配慮した看護を実施しています。

看護単位は病棟2、手術室、外来の4単位です。 病棟のモットーは『よく働き・よく学び・そしてよく遊べ』です。 看護部の超過勤務はゼロです。しっかりと時間内で仕事を終える事が出来る様に業務に見合った看護師の配置をしています。 院内認定看護師制度、学会参加の奨励など、学術教育に力を入れています。

<2016年実績>

  • 病床数は70床で平均在院日数は4.9日、平均入院患者数50.4人、ベット稼働率は72%です。
  • 手術は第1~第7まで7つの手術室があり、月曜日から金曜日まで、週日フル稼働しています。手術件数は年間4,819件でした。
  • 外来は第1~第9まで9つの診療ブースがあり、平日の外来患者数は1000人程でした。
  • 私たちは働きやすい環境作りに努めております。

看護部の理念・目標

理念

患者さんの満足と安心

目標

  1. 患者さんの個別性をとらえ、適切な看護の実際
  2. 専門知識とスキルを習得し、安全な介護
  3. インフォームド・コンセントを大切にした看護
  4. 患者さんに誠実な態度で向き合う
  5. 看護専門職として自律性を高め、自己啓発に努める

スタッフ

2017年4月1日現在

看護師 88名、アシスタントナース(クラーク) 20名

他 職種

  • 整形外科の常勤医 40名
  • 麻酔科医 7名
  • 非常勤医師 13名
  • 理学診療部 PT スポーツトレーナー 105名
  • OT 6名
  • 放射線技師 23名

充実したスタッフ体制で、各職種が協働して患者さんの回復を支援しています。

看護部長より

私たちの看護の理念である「患者さまの満足と安心」は、患者さまお一人ひとりをよく知るところから始まります。
弊院の平均在院日数は5日程度と、他の病院と比較し圧倒的に短いもので、患者さまのことをよく知るための十分な時間はありません。そういった中で私たちは、常に一期一会の精神で一人ひとりの患者さまに丁寧に関わらせて頂いております。その患者さまにとって必要な看護をいち早く見定め、最良の看護を提供できるよう、外来、手術室、病棟のそれぞれの看護師が連携して努めております。 私たちは患者さまの不安を払しょくすることに努め、手術後のご自分の身体状況を十分に理解していただき、自信を持って退院していただけるよう全力で支援します。住み慣れたご自宅に一日も早く帰っていただけるような医療は、今後ますます重要になると考えています。
整形外科領域における急性期病院の看護の役割をしっかりと果たし、同時に患者さまにあたたかで安心を感じていただける看護を提供していきたいと考え、私たち看護部一同、協力して日常看護業務に取り組んでいます。

船橋整形外科病院 看護部長
石渕 夏子

外来

外来診療は診察室9室において午前・午後、看護師20名で診察介助・処置を行っています。専門性の高い診療を求めて訪れる多くの患者さん・また近隣の親しみのある患者さん方に対して明るく・丁寧な対応を心掛け、努力しています。診療補助業務としては処置・ブロック等の介助、自己血採血・生物学製剤治療、外来手術・入院に関する説明等多岐にわたり、やりがいのある整形外科外来です。

子育て中の職員も安心して働ける職場として皆で協力し合っております。
『患者さんの不安や悩みに応えられるよう・満足していただけるよう、日々頑張っています。』

多種業務を他職種と協働し、患者さまにスピーディーかつ丁寧な対応を心掛けています。活気があり働きやすい環境です。

外来看護師長 山崎郁子

西病棟

西病棟は、看護師22名・看護助手4名の明るく元気な病棟です。
整形外科専門病院ですので患者さんのリハビリに対しては、優しい笑顔を忘れずにリハビリ指導を厳しく?!する姿勢は素晴しいです。リハビリスタッフとの連携を図り、効果を上げています。

手術件数や入退院が多くても、スタッフ全員の協力で残業がほとんどありません。また、病院のモットーでもある、『よく働き・よく学び・そして遊べ』を実践し、プライベートも学術・研修・勉強会も頑張っています。そんな西病棟は『協力』『思いやり』を忘れずに、患者さんが笑顔で満足して退院できる事を願う団結力のある病棟です。

病棟スタッフが、いつも笑顔を絶やさず、患者さまに寄り添った看護ができるよう支援をしています。

そのためには、私自身が常に『元気で明るく笑顔を絶やさない』ことをモットーに頑張っています。

西病棟看護師長 小形松子

東病棟

東病棟は看護師22名、看護助手4名で20歳~30歳代中心のパワフルな病棟です。
スポーツ障害から関節疾患、脊椎疾患、外傷など年齢層も幅広い患者さんが入院しています。安全に手術が受けられるよう、そして手術後のリハビリがスムーズにすすめられるよう他職種と情報を共有し、治療、看護を行っています。26種類のクリニカルパスをもとに早期離床、不安なく退院できるよう生活を見据えた支援を行っています。思いやりといたわりのある看護を提供できるよう、日々努力しています。

またワークライフバランスを考慮した支援を行っています。ブランクのある看護師に対してもプリセプターによる教育体制のもと丁寧に指導しています。 チームワークが良く笑顔と活力のある明るい病棟です。

患者さまに満足していただけるよう、思いやりと笑顔で温かい看護を目指しています。
整形外科疾患のエキスパートナースの育成に力を入れています。

東病棟看護師長 額谷洋子

手術室

手術室は7部屋あります。2016年度は4,819件の手術を行いました。
手術室の勤務は(月)~(金)のウィークデイのみ、完全週休2日制でオンコール体制はありません。
変形労働時間制を取り入れ、残業時間の削減に取り組んでいます。
日本各地からはもちろん、海外からも手術見学者が多く来院します。

私たち手術室看護師は、日本をリードする最先端手術を、安全かつスピーディに行うために、毎日の努力を重ね成果を挙げております。
医師とのコミュニケーションは良好で、手術室未経験者でも、プリセプターがフォローしますので、安心して業務に取り組めます。

スタッフ一人ひとりが周りを見つめ協働のできる、思いやりのある職場を目指しています。
人工関節置換術(股関節・膝関節)について院外に向けたセミナーを行い、たくさんの評価の声をいただきました。他施設からの看護師の見学希望が増えています。

手術室看護師長 麻生加代子

中央材料室

パート勤務のスタッフも含めると10人で手術器械の準備を行なっています。私たちは全員当船橋整形外科病院の職員です。外部委託ではありません。手術には大工さんの工具に似た大掛かりなものから繊細な小さなものまで多種多様な器械が使われます。機械類が破損していないか、滅菌は確実かなど神経を使う仕事です。患者さんの手術がより良く達成されるように丁寧に仕事に取り組んでいます。

病院の主な行事

  • 年末勉強会
  • 全員参加 各委員会発表
  • ISO監査
  • 院内部活動
  • 英会話教室 など
PAGE TOP