スポーツ医学・関節センター

関節鏡・関節鏡視下手術とは

関節鏡の使用

過去、関節の手術では大きな切り口を必要とし、それゆえ入院期間も長く患者さんへの負担も大きなものでした。近年、関節鏡視下手術の技術が発展し、安全かつ短期入院でより高度な手術も鏡視下で行えるようになりました。

従来の手術法(関節鏡を使用しない)と比較すると、生理食塩水を流しながら行うので感染症を起こしにくい、正常組織を傷つけにくい、痛みが少ないため患者さんへの負担も小さい、などの利点があります。
また、美容的観点からも手術後に残る傷跡は多くの場合、非常に小さな跡しか残りません。 当院では膝関節、足関節、肩関節、肘関節などの手術に積極的に使用しています。

オペの様子(モニタで映像を確認し状態を細かく観察、処置します)

関節鏡視下手術

関節の周囲(皮膚面)に2~3箇所の小さな穴を開けます。その後関節内に生理食塩水を満たし、関節に光ファイバーと小さな高性能カメラで構成された内視鏡を挿入し直接手術部位へアクセスし損傷部位を修復したり、不要な遊離体や損傷組織を摘出除去します。

テレビモニターに拡大して映し出す事により、膝関節では半月板損傷、前十字靭帯断裂、後十字靭帯断裂、関節軟骨の磨耗を、肩関節では腱板断裂、反復性肩関節脱臼、関節唇損傷、投球障害などの状態を細かく観察し手術が行えます。

大きな切開の必要がありません(写真左)/モニタで映し出される鏡視下の映像(写真右)

関節鏡用の内視鏡

内視鏡といっても皆さんが良くご存知な胃カメラとは異なり、先端は棒状で固く、関節内に挿入して直接観察します。

PAGE TOP