船橋整形外科病院ホーム > 肩関節・肘関節センター > 肘関節の疾患と手術

肩関節・肘関節センター

肘関節の疾患と鏡視下手術

肘関節

スポーツによる肘関節障害は基本的に理学療法にて治療しますが、疾患によっては関節鏡視下手術を行うことがあります。
肘関節は肩関節に比べて自由度が少ないため、関節鏡視下にできる手術は関節ねずみや余剰骨を取り除く手術が主体となります。

野球肘 頻発年齢10〜15才

小学校高学年頃より投球時の肘の痛みを訴えます。進行するとレントゲン上にも変化が出て、内側の骨端核の分節化(内側型野球肘)、外側の上腕骨小頭の軟骨や軟骨下骨が軟化して剥がれてくる離断性骨軟骨炎(外側型野球肘)が起こります。治療は、まず安静と局所(肘)の炎症を取ることからはじめますが。この間に、肘に障害を起こす原因となっていた肩甲帯や体幹、股関節の柔軟性の向上を図り、投球フォームの矯正を行います。内側型野球肘はすべてリハビリで、外側型野球肘も殆どがリハビリで復帰できますが、外側型で軟骨や軟骨下骨が剥がれ落ちてしまった場合は、関節鏡にてこれを取り除きます。

肘関節内遊離体(関節ねずみ) 頻発年齢15〜30才

外側型野球肘のなれの果てで、肘関節内に遊離体(ねずみ)があって、引っかかりや痛みが頻会に出る場合は、関節鏡にて遊離体を摘出します(関節鏡視下遊離体摘出術:極めて低侵襲で早期復帰が可能です)。

変形性肘関節症 頻発年齢35〜55才

未治療の外側型野球肘のなれの果て、あるいは古い骨折など外傷のあと、または柔道などの激しいスポーツや長年にわたる重労働のあとなど、余剰骨や遊離体がたくさん肘関節内にできて、疼痛や関節可動域制限を来たします。症状が強く頑固な場合は、関節鏡視下に余剰骨や遊離体を取り除きます(鏡視下肘関節形成術)。

投球障害肘 頻発年齢15〜30才

内側型野球肘のなれの果てであることが多いですが、肩甲帯や体幹、股関節が上手に使えない状態で投球を続けて、肘関節の内側にストレスがかかり続けた結果から発症します。ひどい場合は内側の靭帯が緩んでしまったり、尺骨神経の症状(小指と薬指のしびれなど)を出すことがあります。肩の場合と同じく、基本的には理学療法で治療していきますが、ダメな場合には直視下の内側側副靭帯再建術(余剰骨の切除と尺骨神経の処置に加え、内側の靭帯再建を行います)を行うことがあります。